HOME » NEWS » ROOT TAMOTSU SUZUKI EXHIBITION @高橋理子押上スタジオ

ROOT TAMOTSU SUZUKI EXHIBITION @高橋理子押上スタジオ

2015/11/27 EXHIBITION
高橋理子株式会社は、2015年11月27日(金)から12月13日(日)まで、高橋理子押上スタジオにて展覧会「ROOT」を開催いたします。
本展は、アーティスト・高橋理子ディレクションのもと、高橋理子が学生時代より注目をしてきた陶造形家・すずきたもつの作品と、植物を組み合わせたインスタレーションです。すずきたもつは、東京藝術大学在学時より、植物が持つ有機的なフォルムを連想させるオブジェの制作に取り組み、繊細で強靭なフォルムを持つ植物たちへの畏敬の念を込めながら、まるでその場に芽吹いてきたかのように静かに佇む作品を生み出しています。高橋理子は、活動の中で様々なもの作りに携わり、常にその背景を大切にしてきました。そして、東日本大震災以降、生きて行くために必要な「食」の背景にも思いを巡らせるようになり、2014年、現在のスタジオの竣工と同時に、スタジオ内で野菜や果樹の栽培を始めました。植物の持つ多様性と、自然環境との関わり、そして植物が人間にとってなくてはならない存在であるということを実感し、現在は、野菜や果樹のみならず、観葉植物などの生産者もたずね、社会と植物の関係やそれを取り巻く状況について学んでいます。

本展では、高橋理子が福岡で出会った日本生まれの観葉植物「エメラルドウェーブ」と、すずきたもつの豊かな表情を持つ陶と組み合わせ、独自の空間世界を作り上げます。植物に触れ、土に触れ、私たちの暮らし方や地球環境にまで思いを巡らせるきっかけとなれば幸いです。ぜひご高覧ください。

—–
ROOT TAMOTSU SUZUKI EXHIBITION
DIRECTED BY TAKAHASHI HIROKO
会期:2015年11月27日(金)~12月13日(日)
※木曜日定休
時間:月~水 12:00-17:00  金~日 11:00-19:00
会場:高橋理子押上スタジオ
オープニングレセプション 2015年11月27日(金)18:00-21:00
※すずきたもつ在廊予定日
11月27・28・29日 12月1・5・6・8・12・13日
※会場では植物と共に作品を販売いたします。
—–
主催:高橋理子株式会社  会場構成協力:佐野文彦
協力:WATOWA INC.

■すずきたもつ http://tamotsusuzuki.com/

1971年香川県生まれ 。1999年、東京藝術大学院美術研究科修士課程修了。 東京藝術大学在学時より、植物が持つ有機的なフォルムを連想させるオブジェの制作に取り組む。 静かに咲き誇る花や植物のたくましい根、生命をつなごうと手を伸ばしているかのような芽など、自然 の中で力強く生きる植物からインスピレーション受け、それらの土台となっている地=土を素材として 表現活動を続ける。

■高橋理子(たかはし ひろこ) http://www.takahashihiroko.com/ 1977年埼玉県生まれ。円と直線のみで構成された図柄により、独自の活動を展開するアーティスト。身近に存 在する固定観念を覆し、思いを巡らせるきっかけを生み出すことを目的とした、一連の表現活動そのものをコ ンセプチュアルな作品とする。2002年、東京藝術大学院美術研究科修士課程修了。2003年、同大学博士後 期課程工芸専攻染織研究領に再入学。2005年、仏外務省AFAAの招聘により、パリ・CITE INTERNTIO- NALE DES ARTSに滞在し活動。2006年12月、株式会社ヒロコレッジ設立(現 高橋理子株式会社)。2008 年、同大学博士課程修了。日本の伝統工芸全般、特に染織の歴史や伝統技術について学び、染織研究領域にて 初 の 博 士 号( 美 術 )を 取 得 。 現 在 は 、着 物 を 表 現 媒 体 と し た 創 作 活 動 の ほ か 、日 本 各 地 の 伝 統 技 術 を 持 っ た 工 場や職人とのもの作りをおこないながら、国内外問わず作品を発表している。また、フレッドペリーやクリニー ク、フェンディなど、様々な企業や産地とのコラボレーションも多く、活動は多岐にわたる。

■エメラルドウェーブ http://sugimoto-shinryuen.com/

30年以上にわたる選抜育種によって生みだされた杉本神籠園(すぎもとしんりゅうえん)オリジナルの植物。ヨ ー ロ ッ パ や ア メ リ カ で は『 ク リ ス ピ ー ウ ェ ー ブ( C r i s p y W a v e )』と い う 名 前 で 広 く 知 ら れ て お り 、ド イ ツ で 行 わ れる世界最大の国際園芸見本市(International Pflanzen Messe)にて最優秀賞を受賞するなど、世界 各地で愛される日本発信の観葉植物。